一旦進行を抑えていく|ハートガードプラスならフィラリアもイチコロです

一旦進行を抑えていく

青い薬

犬の病気としてもうひとつ見逃せないのが「白内障」と呼ばれるものになります。
白内障という病気は眼球の中に存在する水晶体という部分が酸化することによって白く濁りだす病気となります。
水晶体が濁っていくと視力が低下していき、いろんなところにつまづいたりぶつかったりするようになるでしょう。
この症状は主に暗い夜に出てくることが多く、最初のうちは暗い場所でしか見られなかったりします。

そして実際に白内障になってしまう原因についてですが、よくいわれているのは遺伝になります。
つまり生まれたときから白内障になるおそれが多くの犬にあるわけです。
特に遺伝による白内障が多く見受けられるのがミニチュアシュナウザーやコッカースパニエル、あとはボストンテリアといった種類になります。
他にも多くの種類が白内障になってしまう可能性を持っているので、あなたの犬もけして他人事ではないかもしれません。
ただ白内障と同様に白く濁りだす「核硬化症」という病気もあるので、どちらか判別できない場合は病院で診断してもらいましょう。
核硬化症の場合は治療する必要がありません。

では白内障に効くといわれる薬には何があるのか?
まず根本的に白内障を薬によって治すことはできません。
本当は外科手術をしなければいけませんので、そこは覚えておきましょう。
ただお金がどうしてもないという人は、薬で進行を防ぐしかありません。
そのときに使えるのが「シーナック」になります。
点眼薬のなかでもシーナックはキャンCのジェネリック医薬品なので、安く手に入れることができます。
シーナックは水晶体の参加を大幅に抑えられるので、シーナックさえあればしばらくは安心だと思います。

Copyright © 2017 ハートガードプラスならフィラリアもイチコロです .